DirectX Graphics



DirectX8からはDirectDrawとDirect3Dは統合されてDirectX Graphicsとなっています。
DirectX GraphicsはDirectXの中でも最も重要な「描画」を制御する機能です。
今までのDirectXと違って表現手法としてはすべて3Dで行います。
「えっ?2Dのゲームは作れないの??」
と思う方もいると思います。心配は要りません。
当然2Dも可能です。
しかし表示の方法が今までと違います..
「2Dの絵はポリゴンに張ったテクスチャとして表示します。」
要するに2Dの場合でも3Dになるのです。

この方法は今までのプログラムになれた人には変わった仕組みだと思えるかもしれないですが
ゲームはいまや3Dが主流です。
しかもこの「ポリゴン+テクスチャ=2D表示」はゲーム系のプログラムではお馴染みになっています。
慣れればすぐ違和感作れますし,2D系+3D系なゲームも作成が容易です。
(今までのDirectXでも同じ原理で作成は可能です,ただ概念のわかりやすさでは格段に違いますね)

さらに今ではグラフィックボードには3D機能は必ず載っているというほどの状況です。
3Dで作るということは,この豊富で高速なハードウェアアクセラレーターも使用可能になります。
これにより特殊効果(画面の回転・拡大・縮小・半透明)が高速に可能です。
(少なくとも私の知っている限りDirectDrawでハードウェアで回転や半透明に対応したグラフィックボードはありません。
これだけでも3Dを使う意味は十分にあるように思えます。

*初期化をDirectX7にすることによりDirectDrawによる開発も可能です。