戻る 02. GBAの仕様 次へ



開発をするには仕様を詳しく知らなければ何も出来ません。
それでは仕様を見ていきましょう。

CPU ARM7TDMI 16.78MHz
メモリ 32KB WRAM(CPU内蔵)
256KB WRAM(CPU外部)
96KB VRAM
画面解像度・色数 240×160 最大32768色表示
バックグラウンド 最大4面 モードにより変化
スプライト描画能力 最大128個 16色・256色のパレット
ハードウェア機能 拡大縮小・回転・モザイク・半透明
サウンド PSG音源+PCM音源
スピーカー・ヘッドホン端子付
メディア ROMカートリッジ
通信機能 ゲームボーイアドバンス専用通信ケーブルによる4人までのマルチプレイが可能
発売日・価格 2001年3月21日 \9,800
ハードの部屋でも載せているスペック表です。 これをみてわかる事は.. CPUは最近良く使われているARM系CPUです。 色数は3万2千色出るようです。 SFCと同じように回転拡大縮小機能をハードウェアで持っています。 VRAMが96Kあります。 サウンドはPCM音源があるので喋らす事も出来ます。 個人的に見た感じではSFC相当の機能はあるようだなと思いました。 初代GBが白黒濃淡4色だったのに比べて 携帯ゲーム機でもとうとう3万2千色もの色が出るようになりましたね。 この表現力の向上は凄い嬉しくもあり楽しみでもあります。 せっかくですので3万2千色の色数を出してみましょう。 尚,メモリ関係は非常にシビアですので注意が必要です。 CPUのスペックにWRAM(ワークラム・作業用メモリ)の値が書いています 検証したところ静的メモリの確保は32Kまで動的メモリの確保は256Kまでのようです。 昨今のWindowsなどではメモリ確保しまくれますが それに慣れていると痛い目を見ます(笑) 細かいメモリの確保・解放に慣れましょう。 (静的メモリ:普通の変数宣言時に確保するメモリの事 動的メモリ:mallocなどでの実行中に確保するメモリの事) グラフィックを描画する為にまずいくつか, 知っておかなければいけないことがあります。 GBAには画面モードと言う概念があります。 よくスペック表などを見ると最大3万2千色表示可能!バックグラウンド最大4面 とか書いてますが...あくまでこれは「最大」です 「3万2千色表示しながらBG4面を使用!」なんて事は残念ながら出来ません。 それではこのスペックの関係を表にしてみましょう。
Mode(BG)拡縮回転画面数画面サイズキャラクタ定義数色数/パレット数
0×4(BG0-3)256x256〜512x512102416 / 16
1×2(BG0-1)256x256〜512x512102416 / 16 or 256 / 1
1(BG2)128x128〜1024x1024256256 / 1
22(BG2-3)128x128〜1024x1024256256 / 1
Mode(Bitmap)拡縮回転画面数画面サイズフレームバッファ数色数
31240x160132768
41240x1602256
51160x128232768
と,このようになっています。 なかなか万能には行かないのがわかる事と思います。 3万2千色が使えるのはモード3,5です。 しかしモード5では画面サイズが小さくなります... これではなんだか悲しいですね。 せっかくですからハイカラーで画面全体を使えるモード3を使ってみましょう。