戻る 10. パターン描画2
透明色対応分割
次へ


前回の方法で画像をロード時に分割して保存しなおすと言う
やり方を説明しましたが,実際にやってみると
問題点が出てきます。

それは「透明色が消えてしまう」

という問題です。

これは何故かと言うと,
パーツサイズのイメージに画像を張るわけですが,
この時透明部分は当然透明ですので反映されません。
と言う事は元からある色になってしまうのです。
ようするにイメージの地色がてしまうんです。
しかもこの色は変えれません。

この問題があるので透明色には前回の分割して持つ方法が取れず
画像は結局一枚ずつもたないいけないと言う事になっています。


そこでどうにかしてこれを解決してみましょう。

ポイント
 ・透明色は反映されないのでパーツ単位イメージが作れない
 ・透明色を含まない画像はパーツ単位に分けれる
 ・最終的に欲しいのはBGと合成された透明色あり画像である。

と言う事で透明色を貼り付ける時に
透明のままでいいように出来ればいいんです。

1.背景を専用イメージに描画する
2.描画するキャラクターのサイズイメージを作成する
3.キャラクター用イメージにキャラクターを描画する位置の
  背景を描く。(BGイメージから前回の方法を使用して描画。)
4.背景が描かれたキャラクターイメージに透明色ありの
  キャラクターを描画する。
5.出来上がったキャラクターイメージを背景の後に描画する。

これで見た目上は透明色付き画像が描画されます。

しかしこれではかなり効率は悪いです。
パーツ毎に画像を持たなくてもよくなりましたが
毎回画像を生成しなおすこととなり
非常に速度面で問題が生じます。

容量的には一枚の画像で済むので
容量に苦しんだ場合は仕方ないかもしれないです。