Nintendo-DSの性能

ニンテンドーDS
価格:¥15,000 (税込)
改訂ARMプロセッサ
¥3,400 Steve Furber (著), アーム (翻訳)
CPU メイン:ARM946E-S(67MHz) + サブ:ARM7TDMI(33MHz)
メモリ メイン:4MB + ARM9/ARM7共用:32KB(16MB×2)
+ ARM7専用内部ワークRAM:656KB、VRAM:656KB
画面解像度・色数 R:G:B=6:6:6
━━━━━━━━━━上画面━━━━━━━━━━
3インチ 256×192 26万2144色
バックライト付き
━━━━━━━━━━下画面━━━━━━━━━━
3インチ 256×192 26万2144色
バックライト付き
抵抗膜方式透明アナログタッチパネル付き
表示能力 ●2Dグラフィックエンジン
スクロール:最大4面
スプライト:1画面中最大128個
●3Dグラフィックエンジン
座標変換能力:最大4M頂点/秒
ポリゴン:最大12万ポリゴン
ピクセル:最大30Mピクセル/秒
サウンド 16ch ADPCM/PCM(最大8chをPSGに設定可能)
マイク入力内蔵
メディア 半導体メモリー 最大1Gbit(128MB)
通信機能 ローカルワイヤレスネットワーク(最大16人、距離約30メートル)
ワイヤレス通信(IEEE802.11ベース独自プロトコル)
発売日・価格 2004年12月2日 15,000円
その他 GBA専用カートリッジも使用可能
音声認識機能内蔵
リアルタイムクロック内蔵(日付・時刻表示/アラーム機能)
タッチスクリーンキャリブレーション
『ピクトチャット』内蔵
サイズ(折りたたみ時) 84.7mm(縦)×148.7mm(横)×28.9mm(厚み)
重さ 約275g(内蔵充電池、タッチペン含む)
対応ソフト ニンテンドーDS専用カード
ゲームボーイアドバンス専用カートリッジ
ゲームボーイには未対応
発売日に買ってみました。
意外と行列も無く予約もせずにスムーズに買えました。
とりあえずマリオ64はしてなかったのでマリオDSとセット。

本体に関して:
思ったよりかなり大きくて重いです。
液晶は逆に小さく感じます。
タッチパネルは凄く反応がいいです。
液晶の色合いが少し薄い気はしますね。
残念なことに上下とも1ドットずつドット抜けがありました...
品質管理をちゃんとしてくれ...

タッチペン短い...子供向けですね。
すぐなくしそうだからなのか最初から予備が付いています。

ソフトに関して:
マリオDSですがミニゲームがどんどん増えていくようで
かなりの種類がありそうなのでやりごたえはありますね。

アナログスティックがないのが辛い..

音が格段によくなった気がします。
多分ステレオスピーカーになったことで3Dサウンド機能が付いたからで
起動音が早速3Dサウンドっぽいです。

2005/02/05 追記 GBAと比べて目立つ変更点は2画面になった事と タッチパネルです。 自作出きる様になったらPDAとして便利に使えそうですね。 しかし汎用メモリーカードを仕様出来ないのが痛いところです。