戻る 1章 Apacheの設定 次へ


Apacheの設定.
それではコンフィグファイルの設定をしますので、 Cドライブにインストールした人はC:\apache\Apache2\conf の中のhttpd.confを開いてください。 インストールした場所が違う人はその場所を参照してください。 変更箇所が多いですが途中で諦めないでください(笑) ある意味一番の難関かもしれないです(^^; 設定がおかしくなったりした人は同フォルダにhttpd.default.confと言う バックアップファイルがあらかじめありますのでそれをリネイムして 復帰させてください。 *わかりやすいように行番号を付けて説明します。  バージョンが違うと若干行がずれる可能性があるので  気をつけてください。 行番号 212 : ServerName *********:80 修正前 212 : ServerName 127.0.0.1:80 修正後 ここにはインストール時に入力したサーバーの名前が書かれています。 ローカルで動作させるので127.0.0.1:80に変更しましょう。 228 : DocumentRoot "C:/apache/Apache2/htdocs" 修正前 228 : DocumentRoot "C:/public_html" 修正後 自分のホームページを保存してあるフォルダを入れます。 ここではpublic_htmlとしていますがあなたがC:/homepageに保存しているのなら C:/homepageと書き換えてください。 253 : <Directory "C:/apache/Apache2/htdocs"> 修正前 253 : <Directory "C:/public_html"> 修正後 ここも前述と同じように書き換えてください。 267 : Options Indexes FollowSymLinks 修正前 267 : Options Indexes FollowSymLinks MultiViews ExecCGI Includes 修正後 CGIの許可設定をしています。 細かくすると「MultiViews」は要求受付許可 「ExecCGI」がCGI許可で, 「Includes」はSSI許可です。 651 : LanguagePriority en da nl et fr de el it ja ko no pl pt pt-br ltz ca es sv tw 修正前 651 : LanguagePriority ja en da nl et fr de el it ko no pl pt pt-br ltz ca es sv tw 修正後 標準では英語が最優先になっていて日本語は9番目です。 このままでは紛らわしい場合は英語になってしまうので日本語の優先順位を先頭に変えましょう。 670 :AddDefaultCharset ISO-8859-1 修正前 670 :#AddDefaultCharset ISO-8859-1 修正後 文字コード設定が西欧諸国の文字になっていますので コメントアウトします。 732 : #AddHandler cgi-script .cgi 修正前 732 : AddHandler cgi-script .cgi 修正後 どの拡張子がCGIファイルであるかを定義します。 コメント化してあるので先頭の#を外してください。 完了すれば上書き保存してください。 これで設定は終わりです。 それでは次回は恒例の「Hello World!」です(^^)