戻る 2話 VisualC++の使い方 次へ


そろそろ「早く実際にプログラムを組んで動かしたい!!」
と言う人が多いかと思います。

それではVisualC++(以下VC)を使ってプログラムを組む方法を説明します。
初めて触った人はまずこれに引っかかると思います。

VCでは「プロジェクトワークスペース」と呼ばれるもので
アプリケーションを管理しています。
最初にこのプロジェクトワークスペースを作成しなければいけません。

VCを起動して「新規作成」を選びます。
左の一覧からWin32 Applicationを選びます。
右側のプロジェクト名はそのまま実行ファイル名になります。


そうして作成されたプロジェクトにソースを挿入して
始めてコンパイル・リンクが出来ます。